溢れる書類の整理に便利な事務用収納グッズ

書類整理のお助けグッズ

ファイルをうまく使って収納

仕事場ではたくさんの書類がでてきます。
メールのプリントアウト、会議の資料、メモ、企画書など。
また必要かどうかあまり考えずとりあえずプリントアウトしてそのまま、ということもあるかもしれません。

家でも、なにかしらの書類やプリントアウトしたものがあふれているということありませんか?
家電製品などの取扱説明書、子供のプリント、契約書類など、まとめて置いていても探しにくかったり、見たい時にすぐに見れなかったりします。

仕事場でも家でも書類を見つけやすく、収納しやすくしておくのを難しく感じてしまいますよね。
けれども、だからといって書類をためてしまうと、「書類の整理をそろそろやらないと」と思っていてもなかなかできないですよね。
毎日少しずつしていれば楽とわかっていても、行動に移しにくいです。
また、収納グッズをうまく使いこなせないという人も多いのではないでしょうか。

実は書類の半分は不要なものという調査結果もあるぐらい、書類の仕分けができていない人も多いんです。
書類を仕分けるポイントは「すぐに使うかどうか」という点です。
「進行中、すぐに使う可能性がある」「すでに終了した案件、保管期間保存しなくてはいけない」「念のために置いておきたい」の3つに分け、残りを処分すると整理整頓がしやすくなります。

書類を必要なものとそうでないものに分けれたら、便利な収納グッズの出番です。
どんなグッズが便利で、どのようにして使えばよいのか、こちらでご紹介いたします。

TOPへ戻る